なかい家
ひっそりとした小路を曲がって見える京町家。 柿渋色の暖簾と提燈が目印です。

京都市中京区西ノ京小倉町 22-14
TEL ≫ 075-821-3656

18:00 ~ 23:00 (LO 22:00)
毎週月曜 ・ 第二火曜 定休
2月の定休日のお知らせ
2月の定休日

2月3日(日)
2月11日(月・祝)
2月17日(日)18日(月)19日(火)
2月24日(日)

日本酒(新酒)入荷
炭屋 彌兵衛 純米造り 無濾過生原酒
純米酒らしい米の甘みを感じる香りと、口に含むと雄町米の旨みと、程よくボリュームを感じる味わい。
高めの酸で、後口がキュッと引き締まります。

年に一度だけの限定酒です。

花垣 純米無濾過生原酒 が入荷。
今回の入荷で、このお酒は、最後。ラスト1本です。お早目に!
ちょっと日本酒のお話。
先日、お客様から、「無濾過は濃いしなー」というお話があったので、
ちょっと、日本酒のお話を載せちゃおうかなーなんて思いました。

しぼりたて 純米無ろ過生原酒

無ろ過とは・・・?

日本酒は税法上、米と米麹及び水を原料として発酵させて、濾(こ)したものと定義されています。
濾すとは、醪(もろみ)を布製の袋にいれて、酒と酒粕に分ける作業のことです。

濾してないものを「どぶろく」といいます。
濾した直後の酒は薄く白濁しています。「おりがらみ」というのは、この状態の酒です。
この白濁はしばらくすると沈殿しますので、その上澄みだけをとります。

この状態のでは、酒は黄金色をしています。
そこに活性炭の粉を入れて無色透明に近づけ、雑味を消す作業を「炭素濾過」といいます。

無濾過とは濁り酒のことではなく、この炭素濾過を行っていない酒という意味なのです。

無濾過の酒は、きちんと醸した自信の表れと、お考えいただければと思います。


生とは・・・?

日本酒は、麹の酵素が米のデンプンをブドウ糖に変え、それを酵母がアルコールと炭酸ガスに分解します。
通常は滓引きしたあとで、60℃前後で加熱殺菌して、まだ酒の中に残っている酵素や酵母の活動を止めます。
その後、酒蔵の中で貯蔵して出荷時(瓶詰め)にもう一度、合計2回加熱します。酒の状態を安定させ劣化を防ぐのがその目的です。

生とは、この2回の加熱殺菌を行っていない酒のことです。


原酒とは・・・?

日本酒は並行複発酵を行うため、20度近いアルコール度数があります。
通常は出荷前に加水(割り水)して15~17度、飲みやすくするために12~14度にする場合もあります。

この加水していない酒を原酒といいます。
無濾過 生 原酒ってそういう酒です。産まれたばかりの「赤ちゃん」みたいな状態です。

長々とお付き合いありがとうございます。

2月も引き続き「丹波地鶏のコラーゲン鍋」やってます。
IMG_3688_convert_20091030232554_20121025213919.jpg
 
なかい家の冬限定「丹波地鶏のコラーゲン鍋」(要予約)

2月も引き続きやっています。

スープを仕込むのに、3日以上かかりますので、
恐れ入りますが、4営業日前までのご予約となります。

よろしくお願い申し上げます。

「丹波地鶏のコラーゲン鍋」のコース内容です。

・丹後直送の地魚のお造り
・丹波地鶏のコラーゲン鍋
・〆は、鶏塩らーめん  
      お一人様 税込3,600円

*要予約となります
*スープを仕込むのに三日以上かかりますので、
  ご予約は、四営業日前までにお願いします。
*ご予約は、二名様以上でお願いいたします。


うるおいまーす。

最近、唇が荒れる。と言うと、潤いのリップをいただいた。

ほんと、ありがたき幸せ。
唇の潤いを取り戻しますね♪
チョコケーキいっぱい


先日のお誕生日にチョコケーキをいただいた。

幸せ♪
ありがとう

前々から欲しかった、アウトドアの靴下。
あったかーい〓そして、フィット感がいいー。

CHOちゃんありがとう。大切にはきます。
玉川の自然仕込山廃純米!24BY入荷しました。
Sake9059_a_720_1.jpg
玉川 自然仕込 山廃純米 無濾過生原酒 24BY8号仕込

山廃仕込みは天然酵母が自然の力だけで発酵するもので、
同じ原料を使い、同じ製法で仕込んでも、できあがるお酒は1つ1つの個性を持って生まれてきます。

このお酒は、一口目から旨味の塊が舌にドカンと乗りかかり、酸味とコクのハーモニーが口中に広がります。
それでいて爽やかな印象も感じ、味の凝縮感があるのですが、山廃仕込み特有のクセのある感じがほとんどありません。

日本酒(新酒)の入荷
5482.jpg
喜楽長 あらばしり
米の旨みを十分に引き出した甘みと軽快な心地良い酸味が、おりがらみでバランス良く調和しています。
にごりはやや濃いめで、味わいには力強さを感じます。 
冬の酒蔵見学でできたてのふなくち酒を味わう時のような、
新酒ならではのフレッシュな風味をそのまま詰めた季節限定品です。
※「おり」とはしぼった時に出る白いにごり成分のことです。

sakeweb_4582214470184.jpg
早瀬浦 特別純米 搾りたて生
*無濾過生原酒で出荷するに値するタンクを厳選し、あえてチョイスして出荷されました!
米の旨味を伝えるボディと、引き締まる辛口具合。キリリッとしたまさに男酒そのもの。
鋭いキレ味に生酒特有の風味豊かな味わいは、まさに若武者のようなパワー抜群の元気を与えてくれます。



書道

今年、小学生以来、超久しぶりに「書き初め」をしました。

全然いけてなかったのですが、そこで学んだ事が、字は心を込めて、丁寧に書くということ。

最近、メニューを書くときに心がけています。

メニューの文字を見て、美味しさが伝わればと…♪
毎日、書く地魚、ほんと美味しいんです。

伝わればいいなー。

本日のお造りです。
たるいか、的鯛、目鯛、寒ブリです。


今度の新酒は「豊盃」
HHsiboriJ09.jpg
しぼりたて生酒特有のフレッシュな清々しさとフルーティーで芳醇な香りが特徴的な酒に仕上がっています。
しっかりと米の風味や旨味を残しており、ふくらみのある綺麗な味わいとキレの良い爽やかな後味は、本当に美味しいです。

またまた新酒入りました。
kara1.jpg
最初の口当たりはソフトです。「あれっ?コレ辛口!」なんて思うほどですが。
角のない旨味と幅のある酸が出現し、じわじわと辛みを表に出し始めます。

のどに送るとストン!と滑り落ちるほどにキレます。
そして余韻にじわっ~と辛さを残します。
旨くてキレが良くてさすがだと感心してしまうほどの出来栄えです。
お酒だけでも楽しめ、食中酒としては、幅広いお料理と相性が良くレベルの高いか辛口酒です。


takesuzumetyokugumi7gou.jpg
最初のインパクトは瑞々しいフレッシュ感があります。
やがて穏やかで落ち着いた香りと共にお米の旨みがぎゅっと
感じられる味わいで、飲みやすいお酒です。
少し温度を上げた方が個性を感じられる飲み方になります。

寒ブリ小鍋

鰤だしのきいた、とっても温まる小鍋ですよー。
本日、寒ブリの小鍋あります
寒いですね。
今、駅にいるせいか、ふきっさらしのせいか、体が芯まで冷えます。

そんな寒い日には、温かいお料理がいい!

「寒ブリの小鍋」をはじめました。
だいたいお二人様くらいの量となっております。

味噌仕立ての、温まるお鍋です。
今の季節にぴったりの寒ブリ小鍋!旬の日本海の寒ブリを味わいください。
本日のオススメ
今日は、網野の天然寒ブリ☆鰤とろ☆

きれいにさしが入っていて最高です。
口の中でとろける旨さですよー。

あと、的鯛、すずきが入ってます。
白身の甘味、旨味が最高♪
達磨寺の蛇の土鈴はこうなる

かなり素敵すぎーな達磨寺の土鈴。
蛇年はどうなるのかと思いきや、こんな感じでした。
達磨の表情がまた面白い。
新酒が入りました「福袋」
Sake3042_720_1_20130108140654.jpg
「新酒!蔵付酵母での自然仕込み」
玉川 純米吟醸「福袋」 山廃無濾過生原酒   京都・久美浜

*一口目、爽やかな酸味が最初にきて、そのあと、
しぼりたての無濾過生原酒らしいフレッシュかつ太いボディと、
玉川らしい素朴でドライな後味を残して引いていきます。
濃醇辛口傾向の玉川の中でもクセが少ないお酒です。

お知らせ。
本日 営業の予定でしたが、都合により お休みさせていただきます。

8日 火曜日より通常通りの営業となります。

皆様 よろしくお願い致します。

なかい家
賀正〓〓
いよいよ明日より営業致します。
昨年は皆様には大変お世話になりました。
新年も「鶏」 「牡蠣」 「鰤」は健在です(女将も(笑))。
どうぞ皆様、本年も『なかい家』をご贔屓に〓〓
明けましておめでとうございます
giclee14.jpg

昨年はお世話になり、ありがとうございました。

たくさんの方々にご来店いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

今年は、5周年の年ということで、

今まで以上に色々考えていきたいとおもっています。

本年もよろしくお願い申し上げます。

「年始の営業」
1月5日(土)・1月6日(日)営業いたします。

ご来店心よりお待ちしております。
copyright © 2005 なかい家 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.