なかい家
ひっそりとした小路を曲がって見える京町家。 柿渋色の暖簾と提燈が目印です。

京都市中京区西ノ京小倉町 22-14
TEL ≫ 075-821-3656

18:00 ~ 23:00 (LO 22:00)
毎週月曜 ・ 第二火曜 定休
丹波より
本日は、丹波より「黒豆の枝豆」と「丹波栗」が届きました。

早速・・・丹波産黒豆の枝豆
     丹波栗の天ぷら・・・がメニューに登場。

そして、本日「天然 ブリ」が入りましたよ~。
  やっぱり、天然は違います。脂がのっているのに全然くどくない
  あっさりとさえ感じるくらいです。さすがです。旨みもすごいです。

本日、泥海老の塩焼きあります。
鳳凰美田 完熟桃
369.jpg
完成度が非常に高く、トップと断言できるほどの質感。

桃の豊かな香り、桃の自然な甘味だけでなく「桃」本来の質感、果実感まで自然なまま!!!!
momo02-thumb-480x640-717.jpg

限定のため、無くなり次第終了となります。


10月25日
昨日は、臨時休業となりすみませんでした。

無事、メンテナンスも終了し、本日は営業しております


本日のおすすめもいっぱいです。

本日のお造り・・・泥海老・つむぶり・へだい・さごしの焼き目

                 その他いろいろあります。
お知らせとお詫び。
大変申し訳ありませんが、本日24日 設備に不備がありお休みさせて頂きます。
皆様には大変ご迷惑おかけいたします。


なかい家 店主
本日のおすすめ
今日の「銀ばと」最高。肝がたっぷりですよ。

泥海老も入りました。
 地元漁師さんのおすすめの食べ方は「塩焼き」です。
 丸ごと味わえて、海老の旨みがぎゅー。

平鯵・さごしもいいですよ。
  さごしの焼き切りもやってます。香ばしさがたまりません。

エテカレイの一夜干しを肴に熱燗なんてのも、いいですね
初・歌舞伎
111020_103309.jpg 111020_103209.jpg

初めて、歌舞伎を見に行きました。
しかも、左四席でした。
花道も目の前で、感動です。

とっても、良かったです。

お隣のおじいちゃま、おばあちゃまも素敵で、かまぼこを頂き、
素敵な時間を過ごせました。感謝。
本日のおすすめ
今日のお造りは・・・
アオリイカ・まるご・黒鯛・平鯵が入ってますよ。

宮津のいわしの丸干し・・・酒の肴にGOOD

エテカレイの一夜干しも、旨みがぎゅっとつまってます。

そして、本日なめろうやってます。

期間限定で・・・いわしのへしこ茶漬け

最近、料理の写真をのせてないな~。ついつい写真を撮り忘れるんです。

11月から始める予定だった「小芋のゆばあんかけ」
  本日より始まりました。
  冬の大人気メニューです。
いづみ橋

今回は、いづみ橋 山廃 秋とんぼ が入りました。
秋限定のお酒です。
超辛口なので、最後はきれきれです。
冷たくしてもよし、熱燗でじっくり味わっとも素晴らしいです。

というわけで、いづみ橋の赤とんぼの徳利も購入しました。かわいいでしょ。

ショック・・・
あ~あ~
本日の営業中に、あの星型のコイントレイを割ってしまった・・・

気に入っていただけに、「ショック」

ぱるふぇ・レアカシス梅酒
reakashisu1.jpg
神々に選ばれし聖地"と呼ばれる「ロマネ・コンティ」のブドウ畑にほど近い丘の頂(いただき)。
最も高貴な品種「ノワール・ド・ブルゴーニュ」だけを選りすぐった本場ブルゴーニュ産の濃密なカシスと、日本の梅の出逢いから生まれた特別なカシスの梅酒。
キラキラの甘酸っぱさ。ふんわりカシスの香りに包まれる、ゆったり優雅なひとときをお楽しみ下さい。

甘いんじゃ・・・なんて思っている方。

「ぱるふぇ」の魅力は、まづ、その「かるさ」。
フルーツ感はUPしつつも渋みやクセをなくす工夫で格段にスムーズな口あたりを実現しました。
さらに、初期型に比べ甘さを約1割もカット。
それにより、フルーツの爽やかな「半生(はんなま)感」が活きた、フレッシュな美味しさを際だたせました。
黒に近いムラサキだった色調は、新たに絹ごしタッチの果肉ピューレを加えることで、うすにごりのルビーレッドへと深化しました。
新しい時代の新しい「ぱるふぇ」。この香り、この味わい、この感動を、ぜひ、ご賞味ください。

私としては、ロックで飲むのがおすすめです
鳳凰美田 燗
h-biden_kansyu_640.jpg鳳凰美田 燗 山廃仕込み特別純米

濾過などの処理は一切行わず、常温からぬる燗、熱燗までの全域を考えた味わいを考え、燗冷ましに至るまで美味しく楽しめるよう醸し、熟成させています。

ひと手間かけて燗をつけていただき、ゆっくり空気に触れさせますと、お酒の照り、味わいの膨らみ、お米の優しさ、日本酒にだけしか纏えない独特の香り、甘み、質感など、日本酒の素晴らしさをより一層愉しんで頂けます。


日記
111006_000525.jpg  先日のまかない「目鯛のあら焼き」

とっても、とーっても美味しかった「目鯛のあら焼き」

その日は目鯛のお造りが「本日のおすすめ」で、そのあらがまかないとなりました。

かなり美味しい。そらそーだろう。

だって、なかい家のお魚たちは、丹後直送なんだぞ!!!

でも、昨日玄関の窓ふきをしていると、前を通るカップルがこそこそと・・・

彼 「ここは、なんの店?」
彼女「地鶏屋ちゃうん?」

こんな会話が聞こえてきました。

あーまだまだだな~と思いながら窓ふきをせっせと・・・

いや、丹後直送の新鮮で、美味しい地魚も売りなんだぞ!

どうしたら、魚を美味しさが伝わるんだろう・・・。

日々精進。
10月の定休日
10月のお休みは・・・
 
10月2日(日)
   9日(日)10日(月・祝)
   16日(日)
   23日(日)
   30日(日)
本日のおすすめ
おっと、本日のおすすめを書き忘れるところだった・・・。

今日は
泥海老が「初物」で、入荷してます。
  お造りはもちろん、地元の漁師さんは塩焼きがおすすめでした。
  幻の海老と言われる「泥海老」を是非。

魚もいろいろ入ってます。
  あおりいか・的鯛・さごし・つむぶり・・・

さごしの焼き切り やってます。
天明 秋あがり 美山錦 生純吟 の入荷
Sake2012_1800_2.jpg
天明 秋あがり 生純吟 美山錦

天明の冷やおろしが他社と異なるのは、「本生の生酒」で出荷される点です。
一般的に「冷やおろし」と呼ばれる酒は、新酒を搾り終え、貯蔵する前に1回火入れを行い、秋になり出荷を迎えたビンに詰める際には火を当てず、生詰めしたお酒を表す事が多いと思います。

しかし曙酒造では、秋になるまで生の状態で蔵の冷蔵庫で貯蔵し、秋頃までゆっくり熟成させてから出荷を開始します。

一般的に生酒は、新酒が出来た春先に出荷するケースが大半であり、秋まで待って出荷をするのは珍しいと思います。

生酒を秋まで熟成させて大丈夫?
全く大丈夫でした。

飲み口ほんのり優しく、酸が食事と絡んで後味すっきりなお酒で、重いイメージは全く感じられません。

また、このお酒のラベルには、ちょっとした遊び心も隠されています。

1升ビンを裏を見てみると・・・ラベルの裏に「ワイングラスでもっと美味しく」というメッセージが。

お酒の残りが半分ほどに差し掛かった時、いつもとちょっと違った飲み方で召し上がってはいかがですか?という、最後までお酒をおいしく飲んでもらいたいという蔵元の気持ちが隠れています。

日記
ちょっと、風邪かも・・・と思い、用心していた女将。

こんなときは、みなさんは何を飲んでいましたか

私は、しょうが茶

番茶に生姜、はちみつを入れて飲んでました。

CHIHOちゃんは、梅しょう番茶だそうです。

この「しょう」は何だと聞くと「しょうゆ」だそうで、

番茶に、梅干し、しょうゆ、生姜、だそうです。

う~ん、微妙・・・て言っていたのですが、意外にいける

みなさん、寒くなったので、風邪にご用心です。

110930_150518.jpg
青鹿毛入荷
2008110110070000_20111004172839.gif
この『青鹿毛』の蔵元、柳田酒造は、国産大麦を使用した麦焼酎一筋の蔵元です。
手造りの味をモットーに、大量生産をせず、丁寧な焼酎造りを行っています。

麦焼酎『青鹿毛』は、佐賀県産の二条大麦を原料に、霧島山系の天然地下水で仕込み、常圧蒸留でつくられた麦焼酎を、3年間に及ぶ長期貯蔵したものをベースにしています。

常圧蒸留の芳醇な味わい、長期熟成による落ち着いた芳香が楽しめる、飲みごたえのある麦焼酎です。

いい具合に濁っています。これが、青鹿毛の醍醐味。
水で割ろうが、お湯で割ろうが、くずれません。

こだわりの大麦焼酎を是非。

*年に二回の限定出荷のため、無くなり次第終了となります。
 次回の入荷は4月です。
ひやおろしの入荷
fu-hiya1c_20111003143910.jpg 不老泉 山廃純米 ひやおろし 木桶仕込み

昨年大好評でした、あの少量しか仕込めない木桶仕込の純米酒が入荷しました。

上原酒造では呑みきりを行い最も人気の高かったタンクのお酒を選び
その年の「ひやおろし」として出荷されます。

滋賀県産玉栄を60%まで精米、昔ながらの木桶仕込みで造られたお酒です。
ステンレスタンクでは出せない柔らかい味と、滑らかなボディー
原酒の重さを感じさせない柔らかい味筋、山廃仕込の静かな旨味が華を添えます。

バランスは良く、しっかりとした酸味もあり、不老泉らしい濃厚なお酒に仕上がっています。


冷~お燗まで楽しんでいただけ
お燗によりまろ味がうまれ、より楽しませてくれます

copyright © 2005 なかい家 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.